Marie Suga

Violinist

 

News

「アンサンブル室町+人形浄瑠璃」公演の動画が公開

​​2020年11月13日

【令和2年度文化庁芸術祭参加公演】ベートーヴェン2020第九演奏会
オーケストラ・アバンギャルド公演に出演

2020年11月1日

​オーケストラ・シンフォニカ・フォレスタ特別演奏会

2020年​9月18日

国際パイプandテイバー協会フェスティバル2020オンラインコンサート(イギリス)に出演

2020年9月15日

​高知新聞に掲載されました(2020年8月23日朝刊)

2020年8月25日​

​ラジオに出演します(8月17日)

2020年8月15日​

​​高知新聞に掲載されました(2020年8月10日朝刊)

2020年8月11日

​ラジオに出演します(8月14日)

2020年8月5日

真​夏のオンベリーコ・コンサート!

2020年8月4日

​​アートにエールを!に「弾丸」の作品がupされました!

2020年7月17日

「バロックヴァイオリンと尺八による饗宴」開催決定!

2020年7月1日

@調布国際音楽祭 バッハ・コレギウム・ジャパン第九動画に参加しています!

2020年6月20日

 
 

Profile

​プロフィール

Violinist

ヴァイオリニスト。
茨城県守谷市生まれ。

演奏楽器

ヴァイオリン、バロックヴァイオリン、中世フィドル

好きな食べ物 たくあん。

4歳よりヴァイオリンを始める。
中世~現代音楽までをレパートリーとして演奏する事が出来る世界的にも数少ないヴァイオリニスト。ソリスト、アンサンブル、オーケストラ、レコーディングなどの幅広い分野で演奏している。アンサンブル室町、トリオ弾丸、D.K.O. メンバー。

バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、モーツァルト・アカデミー・トーキョーなどの古楽オーケストラやアンサンブルの公演に参加。

アンサンブルオーケストラ守谷、リテーアンサンブル、プロミネンスオーケストラ、日立交響楽団、オーケストラ・シンフォニカ・フォレスタ、アンサンブルフォウユウなどのオーケストラとの共演多数。 

東京芸術大学バッハカンタータクラブにて小林道夫氏のもとで研鑽を積む。 これまでに、世界初演曲を多数演奏。
2015年には、作曲家露木正登氏より、「ファンタジア〜バロック・ヴァイオリン独奏のための(作曲2015年初演)」を献呈される。

修士論文のテーマは、バロック時代における弦楽器の弱音器使用について。

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。東京芸術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。東京芸術大学古楽科バロックヴァイオリン専攻修了。Escola Superior de Música de Catalunya Formacio Continuada カタルーニャ音楽院へ留学(バルセロナ)。

ヴァイオリンを栗田早苗、佐藤良彦、清水高師、永峰高志、日下紗矢子、松原勝也 、マルグリット・フランスの各氏に師事。

バロックヴァイオリンを若松夏美、エミリオ・モレーノの各氏に、古楽アンサンブルを、鈴木秀美、野々下由香里、大塚直哉、ペドロ・エステヴァンの各氏に師事。

Awards

2015年 サントリー音楽財団より「佐治敬三賞」を受賞(アンサンブル室町のメンバーとして)。
2014年 第15回大阪国際音楽コンクールアーリーミュージック部門最高位。

2003年 第13回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。 

1999年 第9回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。

Performance History

2004年 プロジェクトQ参加。
2004年 英国青少年音楽祭(イギリス湖水地方)および英国各地(ロンドン、ケンブリッチ、マンチェスター)で演奏。
2008年 第23回国民文化祭にて演奏。
2008年 ロワール音楽祭(フランス)にて演奏(コンサートミストレスとして)。
2009年 とやま室内楽フェスティバル2009で演奏。
2009年 外務省主催日本メコン交流年2009の事業として、 アンサンブルレソナンツベトナムツアー(フエ、ダナン、ハノイ)に参加しソリストも務める。
2010年 日本国際賞授賞式にて、芸大学生オケの一員として天皇皇后両陛下の前で演奏。
2013-18年 日本現代音楽協会アンデパンダン展出演。
2015年 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」(東京)にて演奏。
2015年 統営国際音楽祭(統営/韓国)の公演で演奏。
2016年 ティアナ古楽祭(バルセロナ)にて演奏。
2017年 ロストロポーヴィッチ音楽祭(モスクワ)にて演奏。
2019年 文化庁文化交流使:黒田鈴尊氏の演奏会(ミラノ)に助演。
2019年 日本オーストリア友好150周年事業 アーリーサマーコンサートにて演奏。
2019年 サンフランシスコ古楽協会ワークショップ(オークランド/アメリカ)で演奏。
その他、ドイツ各地での演奏、飛騨高山音楽祭、YBP音楽祭、NAGANO音楽祭、ダヴィンチ音楽祭、日仏学院「音楽の日」等の音楽祭に参加し演奏する。

Marie Suga

Marie Suga is a baroque violinist based in Tokyo, Japan. She has received the highest prize from 15th Osaka International Music Competition in early music section in 2014. She is a member of Ensemble Muromachi, which has received Sazi Keizo award in 2015.

She has performed in number of concerts as a soloist or an ensemble member internationally; International Mstislav Rostropovich Festival in Russia, Lake District Summer Music Festival in the U.K, The Event of Mekong-Japan Exchange Year in Vietnam, Loire Music Festival in France, Tongyeong International Music Festival in Korea, and La Folle Journée in Japan.

She also performed at the award ceremony for Japan International Prize in 2010 as a member of an orchestra, in front of the emperor of Japan.


She has participated in many baroque orchestras for concerts and recordings, including Bach Collegium Japan and Orchestra Libera Classica.

She gave the first performance of "Fantasia for solo baroque violin" presented by Masato Tsuyuki at Japan Contemporary Music Festival in 2015.


She has a large repertoire from medieval music to contemporary music.
She earned her bachelor's degree in modern violin in 2011 and master's degree in baroque violin in 2014 from the Tokyo National University of Fine Arts and Music. She has also earned a baroque violin degree from Catalonia College of Music (ESMUC) in Barcelona, Spain in 2016, supervised by Emilio Moreno.

 
 
 

​これまでの演奏歴

 

Lesson​

​​レッスン

​​オンラインレッスン

​オンラインによるレッスン

ちょこプロ

ヴァイオリントリオ

​​スマホでちょこっと

​​レッスン

​​対面式のレッスン

 

生徒さんの声

レッスンを実際に受けられた生徒さん達から寄せられたメッセージです

 

A.K.様(20代女性)

いつも充実したレッスンをありがとうございます!
難しい箇所も優しく根気よく、言葉だけでなくしっかりお手本も弾いてくださるのでとても参考になっています。
何より楽しく演奏を続けることを考えて下さる先生です!

 

Contact

演奏依頼、指導依頼、なんでもお気軽にご連絡ください。

  • Instagram
  • Twitter
  • Blogger
  • Facebook
 

​プライバシーポリシー​

 

購読登録フォーム

©2020 by Marie Violin